ホーム > フィジカルコンピューティング > Arduino > Bluetooth通信する(Bluetoothモジュール RN-42 使用)

Bluetooth通信する(Bluetoothモジュール RN-42 使用)

解説

Bluetoothモジュールを使用すると、他のBluetoothを有した機器と無線通信することができます。
プログラムにおいては、Bluetoothに関する処理は、シリアル通信処理として記述します。

比較的安価なBluetoothモジュール「RN-42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット」を使用します。

まず「RN-42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット」について下記を実施しておきます。

RN-42の動作電圧は、3.3[V]。これに対してArduinoのピンからの出力電圧は、5.0[V]。
RN-42の受信端子(RDX)への入力電圧は、抵抗を用いて分圧します。
今回は、1.8k[Ω]と3.3k[Ω]の抵抗を用いました。
(RN-42の受信端子(RDX)への入力電圧は、5.0 * 3.3k / ( 3.3k + 1.8k ) = 3.2352[V] となる)

部品表

部品名 数量 商品名 参考価格
Bluetoothモジュール 1 RN-42使用 Bluetooth無線モジュール評価キット 2,400円
ピンヘッダ  1 ピンヘッダ 1×40 (40P) 40円
1.8KΩ抵抗器 1 カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 1.8KΩ 100本100円
3.3KΩ抵抗器 1 カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 3.3KΩ 100本100円
LCDシールド 1 LCD (Liquid Crystal Display) に文字列を表示するの内容をシールド化したもの -
Arduinoボード 1 Arduino Uno 2,780円
ジャンパーワイヤ 適量 ジャンパーコード(オス-オス)セット 100mm49個
150mm8個
200mm4個
250mm4個
のセット200円

接続表

Bluetoothモジュール側 Arduino側
ピン番号 ピン名称 ピン番号
J1-1 PIO6 無接続
J1-2 PIO7 無接続
J1-3 RESET N 無接続
J1-4 - 無接続
J1-5 - 無接続
J1-6 - 無接続
J1-7 - 無接続
J1-8 VB2 無接続
J1-9 - 無接続
J1-10 - 無接続
J1-11 3.3V 3.3V
J1-12 GND GND
J2-1 PIO4 無接続
J2-2 PIO3 無接続
J2-3 PIO2 無接続
J2-4 CTS J2-5(RTX)とショートさせる
J2-5 RTS J2-4(CTS)とショートさせる
J2-6 TXD Digital 6
J2-7 RXD Digital 7(1.8kΩ抵抗, 3.3kΩ抵抗で分圧する)
J2-8 PIO11 無接続
J2-9 PIO10 無接続
J2-10 PIO9 無接続
J2-11 PIO8 無接続
J2-12 VB1 無接続

接続例


※LCDシールドに関する接続は省略

サンプルコード

送信サンプル

実行

Arduinoから送信されたものをPC(TeraTerm)で受信した結果

PC(TeraTerm)から送信されたものをArduinoで受信した結果

ダウンロード

サンプルスケッチファイル

参考

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ 小林 茂 (著)


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.