ホーム > フィジカルコンピューティング > ESP-WROOM-02 (ESP8266) > アナログ値を測る(ADコンバータ使用)

アナログ値を測る(ADコンバータ使用)

解説

ESP-WROOM-02 には、アナログ入力はないので、そのままでは、アナログ値を測ることはできませんが、ADコンバータ(アナログ-デジタル変換器)を使用すれば、アナログ値を測ることができます。

ADコンバータ MCP3002 は、SPI通信によって、アナログ値を取得します。
ADコンバータ MCP3002 から、アナログ値を取得する場合、以下のデータを送信します。

「CH0」から取得する場合
0b01101000、0b00000000
「CH1」から取得する場合
0b01111000、0b00000000
※「0b~」は、2進数表現です。

各ビットの意味は以下です。

送信するデータの最初の1は、開始ビットで、必ず1です。
開始ビットの次は、SGL/DIFFビットです。シングルエンドあるいは擬似差動モードを指定します。シングルエンドの1にします。
SGL/DIFFビットの次は、ODD/SIGNビットです。チャンネルを指定します。CH0の場合は0に、CH1の場合は1にします。
ODD/SIGNビットの次は、MSBF(Most Significant Bit First)ビットです。デバイスから返されるデータのフォーマット(MSBF or LSBF)を指定します。MSBFの1にします。
MSBFビット以降はゼロにします。
ADコンバータ MCP3002の分解能は 10ビット = 2^10 = 1024 です。
返ってくる値は、0 から 1023 で、0[V] から 3.3[V](Vdd/Vref の電圧) を表します。

部品表

最低限必要なものは「ハードウェアのセットアップ」参照

部品名 数量 商品名 参考価格
ADコンバータ 1 10ビット2ch ADコンバータ MCP3002 200円
ボリューム 2 小型ボリューム 10KΩB 50円

接続表

MCP3002側 ESP-WROOM-02側
ピン番号 ピン名称 ピン名称
1 ChipSelect IO15(Slave Select pin)
2 CH0 ボリューム1の真ん中の端子
3 CH1 ボリューム2の真ん中の端子
4 Vss GND
5 Din IO13(MOSI)
6 Dout IO12(MISO)
7 CLK IO14(SCK)
8 Vdd/Vref 3V3

接続例

プログラム書き込み時の接続については、「ハードウェアのセットアップ」参照


プログラム書き込み時は、RTSピンとRESETピンを接続し、DTSピンとIO0ピンを接続します。
実行時は、RTSピンとRESETピンを接続しません、DTSピンとIO0ピンを接続しません。
(実行時に、RTSピンとRESETピンを接続し、DTSピンとIO0ピンを接続すると、シリアル通信時に、生じる信号が、RESETピン、IO0ピンに入り、「リセットがかかる」等、期待しない動作になります。)

サンプルコード

実行

ESP-WROOM-02から送信されたものをPC(Arduino IDE の Serial Monitor)で受信した結果。
アナログ値の測定結果がSerial Monitor画面に表示されます。
値は、0 から 1023 で、0[V] から 3.3[V] を表します。

ダウンロード

サンプルスケッチファイル


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.