ホーム > フィジカルコンピューティング > ESP-WROOM-02 (ESP8266) > ボタン(タクトスイッチ)の押し下げを検知する

ボタン(タクトスイッチ)の押し下げを検知する

解説

digitalRead関数使用することで、タクトスイッチの状態を知ることができます。

タクトスイッチが「押されてない状態」から「押されている状態」に変化した時がタクトスイッチが押された時です。

タクトスイッチは、バウンシングと呼ばれる、接点がバウンドして細かくスイッチのON・OFFが切り替わることが発生します。
バウンシングの対策をしないと、スイッチを1回押したときに、複数回押されたと誤認識してしまいます。
「押されてない状態」から「押されている状態」の変化を1度認識したら、しばらく(たとえば0.5秒)は、状態の変化を無視するようにすると、バウンシングの対策となります。

部品表

最低限必要なものは「ハードウェアのセットアップ」参照

部品名 数量 商品名 参考価格
LED 1 赤色LED 3mm OSDR3133A 100個350円
100Ω抵抗器 1 カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 100Ω 100本100円
タクトスイッチ 1 タクトスイッチ 1個10円

接続例

出力ピンとして、IOGPIO 24 を使用した場合の接続例

サンプルコード

実行

ダウンロード

サンプルスケッチファイル


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.