ホーム > フィジカルコンピューティング > ESP-WROOM-02 (ESP8266) > シリアル通信(文字列送信)

シリアル通信(文字列送信)

解説

USBシリアル変換モジュールを使用し、PCとUSBシリアル変換モジュールを接続した場合、Serial変数を通して、PCとシリアル通信することができます。

部品表

ハードウェアのセットアップ」参照

接続例

プログラム書き込み時の接続については、「ハードウェアのセットアップ」参照

プログラム書き込み時は、RTSピンとRESETピンを接続し、DTSピンとIO0ピンを接続します。


実行時は、RTSピンとRESETピンを接続しません、DTSピンとIO0ピンを接続しません。
(実行時に、RTSピンとRESETピンを接続し、DTSピンとIO0ピンを接続すると、シリアル通信時に、生じる信号が、RESETピン、IO0ピンに入り、「リセットがかかる」等、期待しない動作になります。)

サンプルコード

実行

ESP-WROOM-02から送信されたものをPC(Arduino IDE の Serial Monitor)で受信した結果

ダウンロード

サンプルスケッチファイル


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.