ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi > 初回起動と初期設定

初回起動と初期設定

解説

(「Raspberry Pi 1」を使用した、古い情報です。
 新しい情報は、「ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi 3 > 初回起動とRaspbianインストールと初期設定」にまとめています。)


Raspberry Pi の、初回起動と初期設定についてまとめます。

ケーブル類の接続と起動

Raspberry Pi にケーブル類を接続します。

Raspberry Pi には、電源スイッチはなく、電力が供給されると起動してしまうので、USB接続AC充電器の電源コンセントへの接続は、最後に行います。

Raspbianインストール済みのSDカードを、Raspberry Pi のSDカードスロットに挿入し、
Raspberry Pi とUSBキーボードを接続し、
Raspberry Pi とモニタを接続し、
Raspberry Pi とUSB接続AC充電器を接続します。


最後に、USB接続AC充電器を電源コンセントに接続すると、Raspberry Piが起動します。

Raspi-config

Raspberry Pi が起動すると、モニタに、Raspbianの起動処理に関するメッセージが大量に表示されます。

Raspbianの起動処理が終わると、初回起動時は、「Raspi-config」という画面が表示されます。


2回目以降の起動時には、「Raspi-config」は表示されません。以下のコマンドで、「Raspi-config」を起動することができます。

ルートパーティションの拡張

まず、ルートパーティションの拡張を行います。

SDカードへRaspbianのSDカードイメージファイルを書き込むことで、Raspbianインストール済みのSDカードを作成しましたが、ディスクのパーティションとしては、2GBほどのパーティションとなっていて、SDカードの残りの領域は、パーティション未定義となっています。
ルートパーティションの拡張を行い、SDカードのすべての領域を使用できるようにします。

「Raspi-config」メイン画面

カーソルキーを用いて「expand_rootfs」を選択し、エンターキーを押します。

次回リブート時に拡張が実施されるメッセージが表示されます。

エンターキーを押します。

「Raspi-config」メイン画面に戻ります。

キーボード種類の指定

続いて、キーボードの種類を指定します。

キーボードの種類として、日本語109キーボードを指定します。

「Raspi-config」メイン画面

カーソルキーを用いて「configure_keyboard」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「Generic 105-key (Intl) PC」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「Other」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「Japanese」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「Japanese - Japanese (OADG 109A)」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「The default for the keyboard layout」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「No compose key」を選択し、エンターキーを押します。


カーソルキーを用いて「No」を選択し、エンターキーを押します。

「Raspi-config」メイン画面に戻ります。

SSHサーバーの有効化

続いて、SSHサーバーを有効にします。

SSHサーバーを有効にすることで、パソコンのターミナルソフトから LAN経由で、Raspbian Pi にアクセスできるようになります。

「Raspi-config」メイン画面

カーソルキーを用いて「ssh」を選択し、エンターキーを押します。

「SSH サーバーを有効にするか無効にするか」を指定する画面

カーソルキーを用いて「Enable」を選択し、エンターキーを押します。

SSHサーバーは有効になりました。

エンターキーを押します。

「Raspi-config」メイン画面に戻ります。

リブート

最後に、「Raspi-config」を終了し、リブートします。

「Raspi-config」メイン画面

カーソルキーを用いて「Finish」を選択し、エンターキーを押します。

「今すぐリブートするか」を指定する画面

カーソルキーを用いて「Finish」を選択し、エンターキーを押します。

Raspberry Piがリブートします。

ログイン

リブート後、ログインプロンプトが表示されたら、
ユーザー名:pi
パスワード:raspberry
でログインします。

関連ページ

前項目:Linuxインストール済みSDカードの作成

次項目:固定IPアドレスの設定


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.