ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi 3 > パソコンとシリアル通信する方法

パソコンとシリアル通信する方法

解説

LAN環境があるならば、WindowsパソコンからSSH通信によってRaspberry Pi を操作するのが簡単ですが、
シリアル通信であれば、LAN環境によらず、WindowsパソコンからRaspberry Pi を操作することができます。

シリアル通信ケーブル

シリアル通信で、パソコンからRaspberry Piを操作する場合には、USB・シリアル変換ケーブルを使います。他にも、USB・シリアル変換モジュールを使う方法などもあります。

USB・シリアル変換ケーブル、USB・シリアル変換モジュールを選ぶ際の注意点としては、シリアル側の信号レベルが3.3Vのものを選びます(Raspberry Pi のGPIO端子の信号レベルは3.3Vなので)。

部品名 数量 商品名 参考価格
USB・シリアル変換ケーブル 1 FTDI USB・シリアル変換ケーブル(3.3V) 1,340円

接続

まず、起動中のパソコンに、USB・シリアル変換ケーブルを接続します。
パソコンに、USBシリアル変換ケーブルが正しく認識されると、デバイスマネージャーの「ポート(COMとLPT)」に、「USB Serial Port (COM??)」等のデバイスが追加されます。
OSの種類、変換ケーブルの種類、の組み合わせによっては、変換ケーブルのドライバのインストールが必要なことがあります。




続いて、Raspberry Pi にUSB・シリアル変換ケーブルを接続します。

Raspberry Pi に電源が供給されている場合には、シャットダウンし、電源ケーブルを抜いて、電源が供給されていない状態にします。

下記接続表に従って、接続します。

USB・シリアル変換ケーブル側 Raspberry側
ケーブル色 ピン名称 ピン番号
GND GND
CTS 無接続
VCC 無接続
オレンジ TXD GPIO15 (RXD)
RXD GPIO14 (TXD)
RTS 無接続

Raspberry Pi とUSB・シリアル変換ケーブルの接続が出来たら、接続をよく確認した後、Raspberry Pi に電源ケーブルを接続し、Raspberry Pi を起動します。

TeraTermの起動、そしてシリアル通信の接続

デスクトップやクイック起動のTeraTermのショートカットを用いてTeraTermを起動します。

起動直後


「新しい接続」ダイアログ

下段の「シリアル」にチェックを入れ、
ポート:USB・シリアル変換ケーブルに対応するポート
「OK」ボタンを押します。

接続直後


Raspberry Pi のシリアル通信のボーレートはデフォルトで、115200と設定されているので、TeraTermのシリアル通信のボーレートを115200に変更します。
メインメニュー「設定 > シリアルポート」を選択

ボー・レート欄:115200
「OK」ボタンを押します。

ボー・レートとして、115200で接続


エンターキーを1回押すと、ログインプロンプトが表示されます。

login:pi
Password:raspberry
と入力し、「OK」ボタンを押します。

シリアル通信の接続に成功すると、TeraTermには、下のような画面が表示されます。

シリアル通信の切断の方法

シリアル通信は終了したいが、Raspberry Pi は終了したくない場合には、

とコマンドを入力、実行すると、シリアル通信は終了します。
再度、ログインプロンプトが表示されます。

シリアル通信を通して、Raspberry Pi を終了する方法

シリアル通信を終了したい、かつ、Raspberry Pi も終了したい場合には、

とコマンドを入力、実行すると、Raspberry Pi の終了処理が開始され、しばらくすると、シリアル通信は終了し、続いて、Raspberry Pi も終了します。
(Raspberry Pi は終了しており、再度 Raspberry Pi にシリアル通信で接続するためには、Raspberry Pi の電源の入れ直しが必要です)


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.