ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi 3 > WEBカメラで動画ストリーミング

WEBカメラで動画ストリーミング

解説

Raspberry Pi と、WEBカメラ をがあれば、簡単に動画ストリーミングを行うことができます。

動画ストリーミングソフトウェアとしては、MJPG-streamerを使用します。

WEBカメラ

動画ストリーミングを行うには、WEBカメラが必要です。適当なWEBカメラを用意します。

部品名 数量 商品名 参考価格
WEBカメラ 1 LOGICOOL C270 1,445円

動画ストリーミングソフトウェアのインストール

動画ストリーミングソフトウェアとしては、MJPG-streamerを使用します。MJPG-streamerのインストールを行います。

ソフトウェアをインターネット経由で取得するので、Raspberry Pi は、インターネットに接続している必要があります。

まず、最新のパッケージリストを取得します。
以下のコマンドを実行します。

続いて、MJPG-streamer に必要なパッケージである、subversion、libjpeg-dev、imagemagick、をインストールします。
以下のコマンドを実行します。

MJPE-streamerのソースファイルの取得とコンパイルを行います。
以下のコマンドを実行します。

動画ストリーミングソフトウェアの起動

WEBカメラを、Raspberry Pi に接続します。

以下のコマンドを実行し、MJPG-streamer を起動します。

パラメーターは必要に応じて変更します。
-f : frame rate : ストリーム動画のフレームレート(1秒あたりのフレーム数)を指定します。(例:-f 10)
-r : resolution : ストリーム動画の解像度を指定します。(例: -r 320x240)

※Raspberry Pi の次回以降の起動後は、mjpg-streamerフォルダに移動後にコマンドを実行します。

動作確認

Webブラウザを起動し、Raspberry Pi のポート8080にアクセスすると、以下のようなページが表示されます。

上記、表示ページの左側の「Stream」を選択すると、ストリーム動画が表示されます。

stream_simple.htmlにアクセスすると、ストリーム動画だけのページが表示されます。


stream_simple.htmlは、「/home/pi/mjpg-streamer/www」フォルダにあるファイルで、ソースは以下のようになっています。

動画ストリーミングソフトウェアの終了

Ctrl + C
で動画ストリーミングソフトウェアを終了します。


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.