ホーム > フィジカルコンピューティング > RCタンクを作る > 07.ソフトウェア実装

07.ソフトウェア実装

Raspberry Pi のプログラムの実装

概要

ハードウェア仕様、および、ソフトウェア仕様、に従い、Raspberry Pi のプログラムを実装します。

WebIOPiのインストール

Raspberry Pi にWebIOPiをインストールしてない場合は、まず、WebIOPiをインストールします。

WebIOPiのインストール

スクリプトファイルの作成

Webブラウザからの要求を処理するスクリプトファイルを作成します。
「/home/pi/work/webiopi」フォルダに、「rctank.py」というファイル名で、以下の内容のスクリプトファイルを作成します。

HTMLファイルの作成

Webブラウザからアクセスする HTMLファイルを作成します。
「/home/pi/work/webiopi」フォルダに、「rctank.html」というファイル名で、以下の内容のHTMLファイルを作成します。

WebIOPi サービスの設定の変更

WebIOPi のサービスを開始したときに、作成したスクリプトが実行されるように、WebIOPi サービスの設定を変更します。
また、Webブラウザからアクセスしたときに、作成したHTMLが表示されるように、WebIOPi サービスの設定を変更します。

WebIOPi サービスの設定は、「/etc/webiopi/config」ファイルに記述されています。

以下のコマンドを実行し、「/etc/webiopi/config」ファイルを開きます。

[SCRIPTS] セクションを探し、[SCRIPTS] セクションの「myscript =」を以下のように書き換えます。

[HTTP] セクションを探し、[HTTP] セクションの「doc-root =」、「welcome-file =」を以下のように書き換えます。

編集し終えたら、
Ctrl + O
で上書き保存し、
Ctrl + X
で nano を終了します。

ダウンロード

プログラムファイル

関連ページ

前項目:06.ソフトウェア仕様

次項目:08.デモ


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.