ホーム > フィジカルコンピューティング > ESP-WROOM-02 (ESP8266) > ハードウェアのセットアップ

ハードウェアのセットアップ

解説

必要なもの、必要な配線、についてまとめます。

必要なもの

プログラムを書き込む際には、USBシリアル変換モジュールが必要です。

必要なもの 備考 参考商品 参考価格
ESP-WROOM-02 ESP-WROOM-02 本体 Wi-Fiモジュール ESP-WROOM-02 DIP化キット 650円
USBシリアル変換モジュール プログラムを書き込む際に必要です。
信号レベルとして3.3V出力が可能なものを選びます。(ESP-WROOM-02の信号レベルは3.3Vです。)
RTSピンとDTRピンのあるものを選びます。(プログラムを書き込む際には、ESP-WROOM-02のRESETピンとIO0ピンの制御が必要で、RESETピンとIO0ピンの制御を、USBシリアル変換モジュールのRTSピンとDTRピンにさせると、プログラムを書き込む操作が楽になります)
FT232RL USBシリアル変換モジュール 950円

ESP-WROOM-02 と USBシリアル変換モジュールとの接続に際して、以下の部品が必要です。

部品名 数量 商品名 参考価格
10kΩ抵抗器 5 カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 10kΩ 100本100円
ブレッドボード 1 EIC-801 250円
ジャンパーワイヤ 適量 ジャンパーワイヤ(オス-メス) 10本300円

必要な配線

必要な配線についてまとめます。

3V3ピン

ESP-WROOM-02 は、3.3V駆動です。3.3Vを3V3ピンに入力します。
USBシリアル変換モジュールの3.3V出力ピンから3.3V入力します。

ENピン

ENピンは、常にHighにします。10kΩ抵抗を経由して3V3に接続します。

IO0ピン、IO2ピン、IO15ピン

ESP-WROOM-02は、リセット直後のピンの状態によって、プログラムをFlashメモリに書き込むための「UART Download Mode」、もしくは、書き込まれたプログラムを実行する「Flash Boot Mode」、のどちらかのモードで動作します(下表)。

UART Down load Mode
(プログラム書き込むためのモード)
Flash Boot Mode
(書き込まれたプログラムを実行するモード)
IO0 Low High
IO2 High High
IO15 Low Low

IO0ピンは、次の項で説明に従います。
IO2ピンは、常にHigh。10kΩ抵抗を経由して3V3に接続します。
IO15ピンは、常にLow。10kΩ抵抗を経由してGNDに接続します。

RESETピン、IO0ピン

Arduino IDEの「ESP8266 ボードの設定」の「Reset Method」として「ck」(「ソフトウェアのセットアップ」の「ESP8266 ボードの設定」の項、参照)を利用するために、RTSピンとRESETピンを接続し、DTSピンとIO0ピンを接続します。
RESETピンおよびIOピンは、「信号がない場合にはHighになる」ようにプルアップ抵抗を経由して3V3ピンに接続します。
まとめると、
IO0ピンは、通常はHigh、DTSピンからの信号でLow。10kΩ抵抗を経由して3V3、および、USBシリアル変換モジュールのDTSに接続します。
RESETピンは、通常はHigh、RTSピンからの信号でLow。10kΩ抵抗を経由して3V3、および、USBシリアル変換モジュールのRTSに接続します。

RXDピンとTXDピン

RXDピンとTXDピンは、クロスするように接続します。
RXDピンは、USBシリアル変換モジュールのTXDピンと接続します。
TXDピンは、USBシリアル変換モジュールのRXDピンと接続します。

USBシリアル変換モジュールのジャンパーピン

USBシリアル変換モジュールの信号レベルを3.3V出力にするために、
J1ジャンパは、1-2をショートします。
USBバスから駆動電源を得るために、
J2ジャンパは、ショートします。

接続表

接続先 ESP-WROOM-02 接続先
ピン名称 ピン名称 ピン番号 ピン番号 ピン名称 ピン名称
USBシリアル変換モジュールの
3V3
3V3 1 18 GND 無接続
10kΩ抵抗を経由して3V3 EN 2 17 IO16 無接続
無接続 IO14 3 16 TOUT 無接続
無接続 IO12 4 15 RESET 10kΩ抵抗を経由して3V3、
および、
USBシリアル変換モジュールの
RTS
無接続 IO13 5 14 IO5 無接続
10kΩ抵抗を経由してGND IO15 6 13 GND 無接続
10kΩ抵抗を経由して3V3 IO2 7 12 TXD USBシリアル変換モジュールの
RXD
10kΩ抵抗を経由して3V3、
および、
USBシリアル変換モジュールの
DTS
IO0 8 11 RXD USBシリアル変換モジュールの
TXD
USBシリアル変換モジュールの
GND
GND 9 10 IO4 無接続

接続先 USBシリアル変換モジュール
接続先
ピン名称 ピン名称 ピン番号 ピン番号 ピン名称 ピン名称
ESP-WROOM-02の
RXD
TXD 1 24 GND 無接続
ESP-WROOM-02の
IO0
DTR 2 23 CB0 無接続
ESP-WROOM-02の
RESET
RTS 3 22 CB1 無接続
無接続 VIO 4 21 VCC 無接続
ESP-WROOM-02の
TXD
RXD 5 20 RESET 無接続
無接続 RI 6 19 3V3 ESP-WROOM-02の
3V3
ESP-WROOM-02の
GND
GND 7 18 CB3 無接続
無接続 DSR 8 17 PU1 無接続
無接続 DCD 9 16 PU2 無接続
無接続 CTS 10 15 VCC 無接続
無接続 CB4 11 14 USB 無接続
無接続 CB2 12 13 SLD 無接続

接続例

接続結果例

関連ページ

次項目:ソフトウェアのセットアップ


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.