ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi 3 > SSHクライアントソフトのインストール

SSHクライアントソフトのインストール

解説

Raspberry Pi に、モニタ、キーボード、マウスを接続して、パソコンのように扱うのもよいですが、Raspberry Piは、モニタ、キーボード、マウス無し環境でも、扱うことができます。
モニタ、キーボード、マウス無し環境で、Raspberry Pi を扱うときには、パソコンから、Raspberry Pi に、SSH通信で接続します。

パソコン側のSSHクライアントソフトを用意します。
ここでは、SSHクライアントソフトとして、TeraTerm を使用します。

TeraTermの入手

http://sourceforge.jp/projects/ttssh2/releases/
にアクセスし、
teratem-X.XX.exe ファイルをダウンロードします。(X.XXにはバージョン番号が入ります)

TeraTermのインストール

TeraTermをインストールします。
注意点としては、SSH通信用プラグインである、TTSSHをインストール項目から外さないようにします。

ダウンロードした teraterm-X.XX.exe を実行します。

「言語の選択」ダイアログが表示されます。

「日本語」を選択し、「OK」ボタンを押します。

「セットアップウィザードの開始」ダイアログが表示されます。

「次へ」ボタンを押します。

「使用許諾契約書の同意」ダイアログが表示されます。

使用許諾契約書を読み、「同意する」にチェックを入れ、「次へ」ボタンを押します。

「インストール先の指定」ダイアログが表示されます。

インストール先を指定し、「次へ」ボタンを押します。

「コンポーネントの選択」ダイアログが表示されます。

少なくとも、TTSSHはチェックを入れます。
それ以外の項目はお好みで、チェックを入れます。
「次へ」ボタンを押します。

「言語の選択」ダイアログが表示されます。

「日本語」を選択し、「次へ」ボタンを押します。

「プログラムグループの指定」ダイアログが表示されます。

「次へ」ボタンを押します。

「追加タスクの選択」ダイアログが表示されます。

お好みで、チェックを入れます。
「次へ」ボタンを押します。

「インストール準備完了」ダイアログが表示されます。

「インストール」ボタンを押します。

「インストール状況」ダイアログが表示されます。

インストールが完了するまで待ちます。

「セットアップウィザードの完了」ダイアログが表示されます。

「完了」ボタンを押します。

以上で、TeraTermのインストールが完了しました。


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.