ホーム > プログラミング > Android プログラミング > 設定アクティビティの作成

設定アクティビティの作成



設定アクティビティを作成する方法を解説します。

本項では、Android Studio の 設定アクティビティのひな形を利用して、最低限の設定アクティビティを作成します。

解説

Android Studio の 「New > Activity > Settings Activity」を利用して設定アクティビティを作成すると、設定アクティビティに必要なファイルを自動生成します。また生成したファイルに関して必要なコードを自動追記します。

実装

アプリの仕様

プロジェクトの作成

(開発環境としては、Android Studio 2020.3.1 を使用しています)

(この設定でプロジェクトを作成しなければいけない、というわけではありません。)

「Welcome to Android Studio」画面の「Create New Project」をクリックします。


Empty Activity」を選択し、「Next」ボタンを押します。


Nameに、「SettingsActivityTrial」と入力します。
Package nameのドメイン部分に、会社のドメイン名を指定します。
Save locationに、プロジェクトを保存するフォルダパスを指定します。
Minimum SDKを選択します(たとえば、「API 21: Android 5.0 (Lollipop)」)。
「Finish」ボタンを押します。

しばらく待ちます。
Android Studio のステータスバーに「Gradle sync finished in ・・・」や「*daemon started successfully ・・・」と出るまで待ちます。

以上で、プロジェクトができました。

設定アクティビティの作成

設定アクティビティを作成します。

「Project」ペインの「app > java > ドメイン.パッケージ名」を右クリックします。
右クリックメニュー「New > Activity > Settings Activity」を選択します。


Activity Name欄に「MySettingsActivity」と入力します。
「Finish」ボタンを押します。

「MySettingsActivity」クラスファイルが生成されます。
参考)生成された「MySettingsActivity」クラスファイルの内容は以下。


レイアウトファイル「settings_activity.xml」が生成されます。
参考)生成されたレイアウトファイル「settings_activity.xml」の内容は以下。


プリファレンスファイル「root_preferences.xml」が生成されます。
参考)生成されたプリファレンスファイル「root_preferences.xml」の内容は以下。


文字列配列リソースファイル「arrays.xml」が生成されます。
参考)生成された文字列配列リソースファイル「arrays.xml」の内容は以下。


文字列リソースファイル「strings.xml」に、「MySettingsActivity」で使用される文字列に関する記述が追加されます。
参考)「MySettingsActivity」で使用される文字列に関する記述が追加された文字列リソースファイル「strings.xml」の内容は以下。


マニフェストファイル「AndroidManifest.xml」に、「MySettingsActivity」に関する記述が追加されます。
参考)「MySettingsActivity」に関する記述が追加されたマニフェストファイル「AndroidManifest.xml」の内容は以下。

メニューリソースファイルの作成

メインアクティビティのメニューリソースファイルを作成します。

「Project」ペインの「app > res」を右クリックします。
右クリックメニュー「New > Android Resource File」を選択します。


File name欄に「activity_main」と入力します。
Resource type欄を「menu」にします。
「OK」ボタンを押します。

activity_main.xml が作成されます。

「設定アクティビティを呼び出すためのメニュー項目」を定義します。

activity_main.xmlの内容を以下のようにします。


メインアクティビティのメニューリソースファイルができました。

メインアクティビティクラスへのメニュー関連関数の追加

メインアクティビティクラスに、メニュー関連関数を追加します。

「MainActivity」クラスの末尾に、以下を追加します。


「Cannot resolve symbol」エラーは、「Alt + Enter」で、必要なクラスをimportします。

リビルドし、エラー、警告がないことを確認します。

実行

Android端末にて、動作確認。

アプリを起動すると、メインアクティビティが表示されます。


右上のオプションメニューの「Settings」を選択すると、「設定アクティビティ」に移行します。



設定アクティビティで変更した設定は、アプリを終了しても、次回アプリを起動した際には、設定内容が復元されます。

関連ページ


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.