ホーム > プログラミング > Webチャットアプリを作る > 06. WebSocket Consumer の処理の非同期処理化

06. WebSocket Consumer の処理の非同期処理化



パフォーマンスを向上させるために、WebSocket Consumerの処理を、同期ではなく非同期の処理に書き換えます。

解説

Channelsパッケージには、非同期処理に対応したWebSocket Consumerクラスが用意されています。非同期処理に対応したWebSocket Consumerクラスを利用すると、非同期処理を簡単に実現できます。

WebSocket Consumerの処理を、同期処理から非同期処理に変更するために、すべきことは以下です。

  1. WebSocket Consumerの実装クラスであるChatConsumerクラスの親クラスを「WebsocketConsumer」から「AsyncWebsocketConsumer」に変更します。
  2. ChatConsumerクラスのメンバ関数定義の「def」を「async def」に変更します。
  3. ChatConsumerクラスの非同期関数の呼び出しに、「await」を追記します。
  4. ChatConsumerクラスの「async_to_sync」は、削除します。

準備

05. を実施していない場合は、まず、05. を実施します。

仮想環境への切り替え

仮想環境に切り替えていない場合は、「MyChat」フォルダにて、下記コマンドを実行し、仮想環境に切り替えます。


「mysite」フォルダに移動していない場合は移動します。


これ以降のコマンドの実行は、仮想環境にて実行します。

WebSocket Consumerの処理を非同期処理に変更

WebSocket Consumerの処理を、同期処理から非同期処理に変更します。

「mysite/chat/consumers.py」に、以下の変更を追加します。

「mysite/chat/consumers.py」の内容を、以下のようにします。

動作確認

動作に関しては、前項と本項は変わりません。

「mysite」フォルダにて、下記コマンドを実行し、サーバーを起動します。

ブラウザを1つ立ち上げ、「http://127.0.0.1:8000」にアクセスします。
「aiueo」と「あいうえお」というメッセージをフォームに入力し、「Send」ボタンを押します。

送信したメッセージが、即座に、ブラウザのメッセージリストに追加されます。

ブラウザをもう1つ立ち上げ、「http://127.0.0.1:8000」にアクセスします。
「abc」と「xyz」というメッセージをフォームに入力し、「Send」ボタンを押します。

送信したメッセージが、即座に、両方のブラウザのメッセージリストに追加されます。

起動したサーバーは、「Ctrl + C」で終了します。

ダウンロード

サンプルプログラム

関連ページ

前項目:05. チャットメッセージの送受信

次項目:07. メッセージに発言者名の追記


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.