ホーム > プログラミング > Windows プログラミング > 設定値のINIファイルへの書き込み、INIファイルからの取得

設定値のINIファイルへの書き込み、INIファイルからの取得

解説

「設定値のINIファイルへの書き込み、INIファイルからの取得」に使用する関数は、「設定値のレジストリへの書き込み、レジストリからの取得」に使用する関数と変わりません。

int型、BOOL型の変数の場合には、
CWinApp::WriteProfileInt( )
CWinApp::GetProfileInt( )

char*型、CString型、double型、float型の変数の場合には、
CWinApp::WriteProfileString( )
CWinApp::GetProfileString( )

を使用します。(他の関数、他の方法でもできますが、上記関数を使用するのが簡単です。) アプリケーションウィザードを用いてプロジェクトを作成した場合には、
作成したプロジェクトのアプリケーションクラスのInitInstance( ) に、

// 設定が格納されているレジストリ キーを変更します。
// TODO: 会社名または組織名などの適切な文字列に
// この文字列を変更してください。
SetRegistryKey(_T("アプリケーション ウィザードで生成されたローカル アプリケーション"));

という記述があり、このSetRegistryKey関数によって、アプリケーションの設定が、レジストリに格納されるようになります。

アプリケーションの設定が、(レジストリではなく、)INIファイルに格納されるようにするには、
この SetRegistryKey 行をコメントアウトし、
作成したプロジェクトのアプリケーションクラスの m_pszProfileName メンバ変数に 設定を格納するINIファイル名を指定します。

サンプルコード

ダウンロード

サンプルプロジェクト
(『// { 追加コード』 から 『// } 追加コード』 までが、(自動生成でない)追加したコード部分です。)


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.