ホーム > フィジカルコンピューティング > センサ値チラ見システムを作る ( ATmega328 + BLE(RN4020) + Androidスマートフォン ) > ステップ4-1.送信側ソフトウェア実装

ステップ4-1.送信側ソフトウェア実装



ATmega328自身について、BLE切断時はをスリープさせ、BLE接続後の測定時のみスリープから復帰するように、ATmega328の実装の変更。

送信側ソフトウェアの仕様の変更

送信側ソフトウェア、すなわちマイコンのソフトウェア、すなわちATmega328のソフトウェアの仕様(赤字:ステップ3からの変更点

コード

ATmega328にプログラムを書き込む

「ホーム > フィジカルコンピューティング > ATmega328 > プログラムを書き込む方法」に従い、ATmega328にプログラムを書き込みます。

ダウンロード

ATmega328プログラムファイル

関連ページ

前項目:ステップ3-3.動作確認

次項目:ステップ4-2.動作確認


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.