ホーム > フィジカルコンピューティング > センサ値チラ見システムを作る ( ATmega328 + BLE(RN4020) + Androidスマートフォン ) > ステップ3-3.動作確認

ステップ3-3.動作確認



ハードウェアとソフトウェアを起動し、動作確認

動作確認

送信側ハードウェアの起動

※ハードウェアの動作は、表面的には、ステップ2と変わりません。

電池を入れて、送信側ハードウェアを起動します。


LEDは、BLEの接続の状態を表します。点灯:接続中。消灯:未接続。

受信側Androidアプリの操作

※Androidアプリの動作は、ステップ2と変わりません。

ソフト起動後の画面。
※2回目以降の起動においては、前回接続したBLEデバイスに自動接続します。


右上の「検出」アイコンをタップすると、「BLEデバイス検出アクティビティ」に移行します。


検出されたBLEデバイスの名前をタップすると、「メインアクティビティ」に戻ります。
「Device Name」欄と「Device Addres」欄に、BLEデバイスの名前とアドレスが表示されます。
「Connect」ボタンと「Disconnect」ボタンがあり、「Connect」ボタンは自動で押され、BLEデバイスに接続します。
接続が完了すると、マイコンでは測定が実施され、BLEデバイスから値の変更が通知され、アプリ画面の値が表示されます。値は、0 から 1023 で、0[V] から3.3[V]を表します。
すぐに、「Disconnect」ボタンが自動で押され、BLE通信を切断します。
切断が完了すると、「Connect」ボタンは有効となり、「Disconnect」ボタンが無効となります。


可変抵抗器をひねります。
「Connect」ボタンを押すと、BLEデバイスに接続します。
接続が完了すると、マイコンでは測定が実施され、BLEデバイスから値の変更が通知され、アプリ画面の値が変わります。
すぐに、「Disconnect」ボタンが自動で押され、BLE通信を切断します。
切断が完了すると、「Connect」ボタンは有効となり、「Disconnect」ボタンが無効となります。

電流測定の結果

「測定を行っていない状態」における電流値は以下でした。(テスターを用いた電流測定の結果。テスターのレンジ設定は、20[mA]設定)

4.15 [mA]
(ステップ1のときは、7.01 [mA]
 ステップ2のときは、7.01 [mA])

関連ページ

前項目:ステップ3-2.送信側ソフトウェア実装の変更

次項目:ステップ4-1.送信側ソフトウェア実装の変更


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.