ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi > Linuxインストール済みSDカードの作成

Linuxインストール済みSDカードの作成

解説

(「Raspberry Pi 1」を使用した、古い情報です。
 新しい情報は、「ホーム > フィジカルコンピューティング > Raspberry Pi 3 > NOOBS書き込み済みmicroSDカードの作成」にまとめています。)


Raspberry Pi はSDカードからOSを読み込んで起動します。

Raspberry Pi は、さまざまなOSを使用することができます。
ここでは、Raspberry Pi で使用されるOSとしってもっとも一般的なOSである、Raspbian を使用します。Raspbian は、LinuxのディストリビューションのひとつであるDebianをベースに、Raspbian向けに改良されたOSです。

SDカードへのRaspbianのインストールは、SDカードへRaspbianのSDカードイメージファイルを書き込むことによって行います。

SDカードの作成は、Windowsパソコンで行います。WindowsパソコンにSDカードスロットがない場合には、別途SDカードリーダー/ライターも必要です。

RaspbianのSDカードイメージファイルの入手

Raspbian のSDカードイメージファイルを、Raspberry Pi 公式サイトからダウンロードします。

http://www.raspberrypi.org/downloads
にアクセスします。

Raspbian “wheezy”
のzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルは、適当なフォルダに解凍しておきます。

イメージファイル書き込みツールの入手

Raspbian のSDカードイメージファイルは、イメージファイル書き込みツールを用いて、SDカードに書き込みます。
イメージファイル書き込みツールとして、Win32 Disk Imager を使用します。

http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/
にアクセスし、
Win32 Disk Imager
のzipファイルをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルは、適当なフォルダに解凍しておきます。

SDカードへイメージファイルの書き込み

SDカードイメージファイルをSDカードに書き込みます。

書き込む対象のSDカードを、パソコンのSDカードスロットもしくはSDカードリーダー/ライターに挿入します。

イメージファイル書き込みツールである Win32 Disk Imager を起動します(Win32DiskImager.exe を実行します)。

起動直後


Image File欄に、イメージファイルを指定し、Device欄に、書き込むSDカードのドライブ名を指定します。

「Write」ボタンをクリックします。

上書確認ダイアログがでます。

「Yes」ボタンを押します。

書き込みが終わるまで、しばらく待ちます。


書き込みが終わると、書き込み終了ダイアログが表示されます。

「OK」ボタンを押します。


メインウインドウの閉じるボタンを押して、Win32 Disk Imagerを終了します。

SDカードを、パソコンのSDカードスロットもしくはSDカードリーダー/ライターから取り出します。

関連ページ

前項目:必要なもの

次項目:初回起動と初期設定


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2016 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.