ホーム > プログラミング > Webチャットアプリを作る ( Laravel + Pusher ( Publicチャンネル使用 ) )

Webチャットアプリを作る ( Laravel + Pusher ( Publicチャンネル使用 ) )

Laravel と Pusher を用いて、Publicチャンネルを使用し、ユーザー認証なし、誰でも参加できるチャットアプリを作成する方法を解説します。
(ユーザー認証あり、認証されたユーザーのみが参加できるチャットアプリを作成する方法の解説は、「Webチャットアプリ(ユーザー認証あり)を作る ( Laravel + Pusher ( Privateチャンネル使用 ) )」にあります。)

Laravel は、PHPで実装されたWebアプリケーションフレームワークです。Laravel を利用するとWebアプリケーションを簡単に作成することができます。
Pusherは、WebSocketの送受信を可能とするWebサービスです。Pusherを利用するとWebSocketを使用したWebアプリケーションを簡単に作成することができます。

使用開発環境は、以下です。
PHP : version 8.1.9
Laravel : version 9.27.0

01. Laravelプロジェクトの作成
Laravelプロジェクトを作成します。

02. チャットページの作成
チャットページを作成します。チャットメッセージの送受信はまだできません。

03. Pusherチャンネルの作成
チャットメッセージの送受信の実現方法として、Pusherを使用します。Pusherチャンネルを作成します。

04. Pusherチャンネルへの接続
作成したPusherチャンネルに接続するためのコードを記述します。

05. チャットメッセージの送信
チャットメッセージの送信に関するコードを記述します。

06. チャットメッセージの受信
チャットメッセージの受信に関するコードを記述します。

参考