ホーム > プログラミング > PHP プログラミング > Raspberry Pi に MariaDB をインストールする

Raspberry Pi に MariaDB をインストールする

Raspberry Pi に MariaDB をインストールする方法を解説します。

実施環境は、以下です。
OS : Raspberry Pi OS Lite (64-bit)、OSバージョン 11 (bullseye)、カーネルバージョン 5.15.56-v8+

解説

インストールの流れは以下です。

  1. インストールされているかの確認
  2. インストール
  3. 初期設定

インストール

インストールされているかの確認

以下のコマンドを実行し、MariaDB がインストールされているかを確認します。



コマンドの結果、
「-bash: mariadbd: command not found」のように表示された場合は、MariaDB は、インストールされていません。
「mariadbd Ver X.X.X」のように表示された場合は、MariaDB は、既にインストールされています。

補足)
MariaDBのサーバーのバージョン確認コマンド : mariadbd --version
MariaDBのクライアントのバージョン確認コマンド : mariadb --version

インストール

まず、最新のパッケージリストを取得します。
以下のコマンドを実行します。



以下のコマンドを実行し、MariaDB をインストールします。



インストールが完了するまで、数分待ちます。

初期設定

以下のコマンドで、MariaDB の初期設定を実行します。

・Enter current password for root (enter for none):
カレントパスワードは空なので、何も押さずにエンターキー押下。
・Switch to unix_socket authentication [Y/n]
「unix_socket authentication」は無効化したいので、「n」を入力し、エンターキー押下。
・You already have your root account protected, so you can safely answer 'n'.
rootパスワードを変更したいので、「Y」を入力し、エンターキー押下。
設定したいrootパスワードを入力し、エンターキー押下。
入力確認で、設定したいrootパスワードを再度入力し、エンターキー押下。
・Remove anonymous users? [Y/n]
アノニマスユーザーを削除したいので、「Y」を入力し、エンターキー押下。
・Disallow root login remotely? [Y/n]
ルートのリモートログインは許可したくないので、「Y」を入力し、エンターキー押下。
・Remove test database and access to it? [Y/n]
テストデータベースは削除したいので、「Y」を入力し、エンターキー押下。
・Reload privilege tables now? [Y/n]
権限テーブルをすぐに反映させたいので、「Y」を入力し、エンターキー押下。

参考

自動起動(OSの起動時にサービスを起動)の設定の確認

以下のコマンドで、systemctlが利用可能なサービス一覧を表示します。



コマンドオプション解説)

コマンドの結果表示されるサービスリストから「mariadb.service」を探します。
「mariadb.service」のSTATEを確認します。
STATEが、「enabled」となっている場合は、自動起動(OSの起動時にサービスを起動)は有効になっています。
STATEが、「disabled」となっている場合は、自動起動(OSの起動時にサービスを起動)は無効になっています。

設定を確認したら、「ctrl + c」を押下し、コマンドを終了します。

自動起動を有効化/無効化する方法

MariaDB サービスの自動起動を有効化するには、以下のコマンドを実行します。
補足)インストール直後は、自動起動が有効になっているので、特に理由が無い場合は、以下のコマンドを実行する必要はない。



MariaDB サービスの自動起動を無効化するには、以下のコマンドを実行します。
補足)手動でサービスを開始、停止する場合や、他のデータベースサーバーサービスを使用する際に実行する。

サービスの状態の確認

MariaDB サービスが開始しているか停止しているかの状態を確認するには、以下のコマンドを実行します。



コマンドの結果表示される情報から「Active:」行を探します。
「Active:」が、「active (running)」となっている場合は、サービスは開始しています。
「Active:」が、「inactive (dead)」となっている場合は、サービスは停止しています。

設定を確認したら、「ctrl + c」を押下し、コマンドを終了します。

サービスを開始/停止する方法

MariaDB サービスを開始するには、以下のコマンドを実行します。
補足)インストール直後は、サービスは開始済みなので、特に理由が無い場合は、以下のコマンドを実行する必要はない。



MariaDB サービスを停止するには、以下のコマンドを実行します。
注意)自動起動が有効になっている場合は、サービスを停止しても、OSを再起動すると、サービスは開始する。

参考ウェブサイト

関連ページ

Laravel プロジェクトのデータベースとして MariaDB のデータベースを設定する


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.