ホーム > プログラミング > PHP プログラミング > Laravel プロジェクトのデータベースとして MariaDB のデータベースを設定する

Laravel プロジェクトのデータベースとして MariaDB のデータベースを設定する

Laravel プロジェクトのデータベースとして MariaDBのデータベース を設定する方法を解説します。

解説

データベースの設定の流れは以下です。

  1. Laravel プロジェクト用の MariaDB のデータベースの作成
  2. 「.env」ファイルの編集
  3. マイグレーション

前提

Laravel プロジェクトの作成

Laravel プロジェクトを作成していない場合は、Laravelプロジェクトを作成します。

参考)
Laravel プロジェクトを作成する

これ以降、「hello-laravel」を対象の Laravel プロジェクトとして解説します。

MariaDB のインストール

MariaDB をインストールしていない場合は、MariaDB をインストールします。

参考)
Raspberry Pi に MariaDB をインストールする

データベース設定

作成するデータベースの仕様

今回作成する Laravel プロジェクト用のデータベースの仕様は以下とします。

・データベース名
hello_laravel_db
・データベースユーザー名
hello_laravel_user
・データベースユーザーパスワード
hello_laravel_password
・デフォルト文字コード
utf8mb4
・データベース照合順序
utf8mb4_bin

Laravel プロジェクト用の MariaDB のデータベースの作成

以下のコマンドを実行し、コマンドラインツール「mariadb」でMariaDBサーバーに接続します。



コマンドオプション解説)

・-u root
ユーザー「root」でログインする.
・-p
パスワード入力しログインする。

データベースを作成するコマンドは以下です。



以下のコマンドを実行し、Laravel プロジェクト用の MariaDB のデータベースを作成します。



ユーザーの作成と権限を付与するコマンドは以下です。



以下のコマンドを実行し、ユーザーを作成し権限を付与します。



以下のコマンドを実行し、MariaDBサーバーとの接続を終了します。

プロジェクトディレクトリへ移動

以下のコマンドを実行し、プロジェクトディレクトリに移動します。

「.env」ファイルの編集

以下のコマンドを実行し、プロジェクトディレクトリ直下の「.env」ファイルを開きます。



以下を探します。



以下のように書き換えます。



解説)

・DB_CONNECTION
(変更なし)
・DB_HOST
(変更なし)
・DB_PORT
(変更なし)
・DB_DATABASE
データベース名に書き換える
・DB_USERNAME
データベースユーザー名に書き換える
・DB_PASSWORD
データベースユーザーパスワードに書き換える

「ctrl + o」を押下し、ファイルを上書き保存します。
「ctrl + x」を押下し、ファイルを閉じます。

マイグレーション

以下のコマンドを実行し、マイグレーションを実行します。

関連ページ

Laravel プロジェクトのデータベースとして SQLite3 のデータベースを設定する


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.