ホーム > フィジカルコンピューティング > Atmega328 > ブートローダーを書き込む方法

ブートローダーを書き込む方法

解説

ATmega328にブートローダーを書き込む方法についてまとめます。

ブートローダーが書き込まれていないマイコンでは、プログラムの書き込みができないので、ATmega328にブートローダーを書き込む必要があります。

ブートローダーの書き込み装置として、Arduino Unoを使用します。

書き込むブートローダーの仕様

書き込むブートローダーの仕様は、
・ボード:Arduino Pro or Pro Mini
・プロセッサ:ATmega328 (3.3V, 8MHz)
としました。

部品表

最低限必要なものは「ハードウェアのセットアップ」参照

部品名 数量 商品名 参考価格
Arduino Uno 1 Arduino UNO 3,240円

手順概要

  1. Arduino UNOに、スケッチ「Arduino ISP」を書き込む
  2. ブートローダー書き込み用の接続を行う
  3. ATmega328に、ブートローダーを書き込む

1.Arduino UNOに、スケッチ「Arduino ISP」を書き込む

Arduino Unoの結線をすべて外します。(Arduino Unoに結線がある場合、スケッチ「Arduino ISP」の書き込みに失敗することがあります。)

Arduino UnoとパソコンをUSBケーブルで接続します。

Arduino IDEを起動します。

メニュー「ファイル > スケッチの例 > 11.ArduinoISP > Arduino ISP
を選択します。


「Arduino ISP」のスケッチのArduino IDEウインドウが開きます。
以下、「Arduino ISP」のスケッチのArduino IDEウィンドウで操作を行います。

メニュー「ツール > ボード > Arduino/Genuino Uno」を選択します。


メニュー「ツール > シリアルポート > (Arduinoのポート名)」を選択します。


メニュー「スケッチ > マイコンボードに書き込む」、もしくは、Arduino IDEウインドウの左上の右矢印アイコンをクリックします。
コンパイルと書き込みが開始します。


ボードへの書き込みが完了しました」とメッセージが出るまで待ちます。


Arduino UnoのUSBケーブルを抜きます。

これで、Arduino Unoが、「ブートローダーを書き込み装置」となりました。

2.ブートローダー書き込み用の接続を行う

「接続図」「回路写真」のように、配線します。

接続図


回路写真

ATmega328に、ブートローダーを書き込む

Arduino UnoとパソコンをUSBケーブルで接続します。

Arduino IDEを起動します。

メニュー「ツール > ボード > Arduino Pro or Pro Mini」を選択します。
メニュー「ツール > プロセッサ > ATmega328 (3.3V, 8 MHz)」を選択します。
メニュー「ツール > シリアルポート > (Arduinoのポート名)」を選択します。
メニュー「ツール > 書込装置 > Arduino as ISP」を選択します。


メニュー「ツール > ブートローダーを書き込む」をクリックします。
ブートローダーの書き込みが開始します。


ブートローダーの書き込みが完了しました」とメッセージが出るまで待ちます。


Arduino UnoのUSBケーブルを抜きます。

これで、ATmega328に、ブートローダーが書き込まれました。

ブレッドボードから、ATmega328を取り外します。

関連ページ

前項目:ブートローダーを書き込む方法

次項目:プログラムを書き込む方法


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.