ホーム > フィジカルコンピューティング > ESP-WROOM-02 (ESP8266) >日時を知る(NTP利用)

日時を知る(NTP利用)

解説

NTPを利用してESP-WROOM-02の時計を正しい時刻へ同期する方法、および、現在時刻を取得する方法についてまとめます。

Network Time Protocol(ネットワーク・タイム・プロトコル、略称NTP(エヌティーピー))は、ネットワークに接続される機器において、機器が持つ時計を正しい時刻へ同期するための通信プロトコルです。

ESP-WROOM-02を、「Arduino IDE を用いてプログラム開発する」場合には、「NTPを利用して時計を正しい時刻へ同期する」関数が標準で用意されています。(configTime 関数)

現在時刻は、time 関数で取得し、localtime 関数で日時情報を細分化します。

部品表

最低限必要なものは「ハードウェアのセットアップ」参照

I2C接続のLCDに必要なものは、「I2C接続のLCDに文字列を表示する」参照

接続例

I2C接続のLCDの接続は、「I2C接続のLCDに文字列を表示する」参照

サンプルコード

クラスファイル「I2CLiquidCrystal.h」は、サンプルコードファイルと同一フォルダにコピーします。

実行

1行目に日付、2行目に時刻が表示されます。

ダウンロード

サンプルスケッチファイル


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.