ホーム > プログラミング > PHP プログラミング > Laravel プロジェクトのデータベースとして SQLite3 のデータベースを設定する

Laravel プロジェクトのデータベースとして SQLite3 のデータベースを設定する

Laravel プロジェクトのデータベースとして SQLite3 のデータベースを設定する方法を解説します。

解説

データベースの設定の流れは以下です。

  1. Laravel プロジェクト用の SQLiteファイルの作成
  2. 「.env」ファイルの編集
  3. マイグレーション

前提

Laravel プロジェクトの作成

Laravel プロジェクトを作成していない場合は、Laravelプロジェクトを作成します。

参考)
Laravel プロジェクトを作成する

これ以降、「hello-laravel」を対象の Laravel プロジェクトとして解説します。

「SQLite3」と「PHP-SQLite3モジュール」のインストール

「SQLite3」と「PHP-SQLiete3モジュール」をインストールしていない場合は、以下のコマンドを実行し、「SQLite3」と「PHP-SQLiete3モジュール」をインストールします。

データベース設定

プロジェクトディレクトリへ移動

以下のコマンドを実行し、プロジェクトディレクトリに移動します。

Laravel プロジェクト用の SQLiteファイルの作成

以下のコマンドを実行し、「database」ディレクトリ直下に、「db.sqlite」という空のsqliteファイルを作成します。

「.env」ファイルの編集

以下のコマンドを実行し、プロジェクトディレクトリ直下の「.env」ファイルを開きます。



以下を探します。



以下のように書き換えます。



解説)

・DB_CONNECTION
「sqlie」に書き換える
・DB_HOST
コメントアウトする
・DB_PORT
コメントアウトする
・DB_DATABASE
sqliteファイルのファイルパスに書き換える
・DB_USERNAME
コメントアウトする
・DB_PASSWORD
コメントアウトする

「ctrl + o」を押下し、ファイルを上書き保存します。
「ctrl + x」を押下し、ファイルを閉じます。

マイグレーション

以下のコマンドを実行し、マイグレーションを実行します。

関連ページ

Laravel プロジェクトのデータベースとして MariaDB のデータベースを設定する


ご意見、ご感想、ご質問、ご要望等は、「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」よりお願いいたします。
内容の誤り、誤字脱字、リンクミスなどの問題点を発見された場合には「コメントを投稿する」もしくは「ホーム > コンタクト」より連絡していただけると幸いです。


Copyright (c) 2005-2018 Nobuki HIRAMINE All rights reserved.